2008 年 8 月 21 日

USB Dos

Filed under: USB,情報漏えい — admin @ 2:03 PM

Dosという言葉を聞かなくなって久しいですが、もう出番はないと思ったらしっかりありました。
会社の機械を処分するにあたり中のデーターを消さないとということでフォーマットをしますが、Windowsのフォーマットでは完全には消えません。
先日USBメモリをWindowsのフォーマットでフォーマットを行いました。
別の機械にさしたら中身が見えてるんですよ。
ありゃと思いましたね。
やっぱりローレベルフォーマット(ハードディスクに物理的にアクセスし一定の値で埋めること)をしないとダメだなと。
どうしたら出来るか。
Windowsでは出来ないです。
DOSだと出来るんですよね。
ただし、このためだけにDOSを入れるのはもったいないですし、入れた機械だけしか使えませんからね。

いい方法無いのかなと思ったらUSBメモリに入れたら良いじゃないと。
小さいですし、どこでもつかえますからね。
ただ余りに古い機械ではダメですが。
そのときは起動用にフロッピーを用意してもらうことになります。
当社ではUSBから起動できるDOSとハードディスクメーカーの物理フォーマッタなどユーティリティを入れたものを用意しています。
モデルとしては1G,2G,4Gの3種類用意しています。
空いているところはユーザーの好きに使ってかまいませんので。
容量以外の差は何もありません。
入っているものはすべて同じです。

連絡先は
電話・FAX TEL : (03)5807-3620 / FAX : (03)3837-3244

 

2008 年 8 月 11 日

USB Linux

Filed under: Linux,USB,情報漏えい — admin @ 10:01 AM

知人にも多いのだが、インターネットにダイレクトにつないで平気でいる。

多くの人がそうだと思うが、通常のパソコンにプリインストールされているOSではインターネットに裸の状態でつなぐと3分でウィルスに犯された実験結果も出ている。

穴だらけのものが製品として出ているということだ。

これが情報漏えいの元なのだが。

とは言いながらもこれだけ慣れてしまっている以上使っていかざるを得ないのだが。

オフィスではそれなりに対策もとられていると思うが、あの製品を使う限り情報漏えいのリスクはなくならない。

では、使い勝手もそう変わらずに変わるものがないのかというと実はある。

Linuxである。

Linuxであれば、ウィルスに感染することもないし、情報漏えいもない。

特にUbuntu Linuxは画面構成を似せて作ってある。

また、通常使うアプリケーションははじめからセットアップされている。

インターネットを見るにはFirefoxというものが入っているし、オフィスはオープンオフィスというものが入っている。

メールプログラムも同様である。

ただ、Linuxと聞くとアレルギーを起こす方が多いのがまだまだなのが、残念である。

お験し用に手軽に使えるものはないのか?

あります。

USBメモリーにUbuntu Linuxを入れ、USBメモリーを挿した時だけUbuntu Linuxが起動するものが。

弊社で用意いたしました。

8Gモデルと16Gモデルの2種類を用意しています。

連絡先は

電話・FAX TEL : (03)5807-3620 / FAX : (03)3837-3244

HTML convert time: 0.020 sec. Powered by WordPress ME