2008 年 8 月 19 日

迷惑メール

Filed under: Linux,迷惑メール — admin @ 11:55 AM

メールを使っていらっしゃる中で迷惑メール(SPAMメールとも言う)の扱いで困ったことはありませんか?
当社も困ってました。
今まででもクライアントの中に取り込んで取り込むときに振り分けるというのが主流でしたね。
これだと、取り込む時間は多くかかるし、ネットワークにも負荷をかけます。
それをかけない方法はないのでしょうか?
なかなかいい方法がなかったですね。
ところが同じ悩みを持つのが増えていて、迷惑メール対策が世界中で考えられました。
メールはサーバー同士が送受信をしてサーバーの受信箱に入ります。
その受信の際にチェックをして怪しいものは受信しないようにすると受信の数も減り、ネットワークの不可も減ります。
当社では自社で運用しているメールサーバーでこの手法を取り入れ95%の排除が可能になりました。
具体的にはブラックリストに載っているアドレスからの受信を排除することと送信時のサーバーアドレスが正規のものかどうかのチェックを行います。
一度再送の願いを出します。
多くの迷惑メールは再送要求に応えません。
送信元を隠すためです。
正規のサーバーであればその再送要求に対し、一定時間後に再度送ってきますので、正規ユーザーだといえます。
ただ、こうしてしまうとホテルの予約などのWEBからの結果送信は受けられなくなってしまうので、ホワイトリストに登録することで救済します。
このように運用してからはほとんど迷惑メールを見ることはなくなりました。
複数ドメインにも対応していますので迷惑メールに困っていらっしゃればお問い合わせください。
連絡先は

電話・FAX TEL : (03)5807-3620 / FAX : (03)3837-3244

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.019 sec. Powered by WordPress ME